セルノスジェル

更年期男性にテストステロンを補充するジェル

セルノスジェルは、おもに低テストステロン症状で悩む更年期の男性などに、テストステロン補充目的で使用される外用薬の塗り薬で、男性ホルモンのテストステロンを溶かしたジェルを塗布して使用します。

 

 

そして、このジェルは、ステロイドではありますが、数あるステロイドのなかでも、安全に使える部類のひとつのため、安全に長期間の使用が可能で、最小限の負担で身体に必要なテストステロンを補充することができます。

 

 

また、セルノスジェルを研究している機関では、最小で3ヵ月〜6ヶ月程度、最長では18ヶ月も処方された使用例があるなど、数多くのステロイド薬のなかでも、安全性が確認されている外用薬です。

 

 

さらに、この医薬品は、ジェル状の塗り薬のため、注射をするなどの必要がなく、気軽に自宅で使用を続けることができるうえ、皮膚に塗る外用薬であり、錠剤のような経口摂取ではないので、肝臓に負担がかからないことも安心感が高く、また、補充されるテストステロンの量は適正なレベルなので、深刻な女性化作用は起こらないことも特徴となっています。

 

 

このようなセルノスジェルは、テストステロンを簡単に補充することができることから、更年期障害で低テストステロンになっている男性や、EDの患者などに処方されています。

 

 

そして、テストステロンを溶かしたセルノスジェルは、注射型に較べてステロイドが高くないため、体内のテストステロンレベルは、他のステロイドより効果はマイルドになりますが、筋肉を増やして脂肪を燃やす効能があり、筋肉増強という効果があります。

 

 

また、こちらのテストステロンジェルでは、男性器を大きくする効果も研究されていて、幼児のマイクロペニスなどに使用されることがあり、使用効果では、陰茎の長さでは60%、太さでは52%の上昇が見られたとの報告もありますが、大人の場合には、期待する成果は難しいといえます。

 

 

しかしながら、大人の男性では、ED症状の改善対策薬として使用されることがあり、研究グループでは、セルノスジェルのようなテストステロンジェル使用で、2倍以上もの勃起機能の改善が見られたほか、オーガズムを迎えやすいなど性的な機能の大きな改善が報告されています。

 

 

なお、外部より、男性ホルモンが補充され続けると、身体がホルモンが足りていると認識して、ホルモンの生成を中止してしまうことがあり、その状態が長引くと睾丸の機能が低下してしまうというリスクがあります。

 

 

そのため、精力増大の効果を求めて、陰茎の皮膚に塗りこんでも吸収効率は上がらず、体内のテストステロンレベルの上昇とはならないので、このジェルを安全に効果的に使用するために、肩などに塗り、連続使用は3ヶ月程度に留めておくことが望ましいといえます。

 

 

また、副作用として、このジェルは、男性ホルモンなので、過剰摂取によるニキビ、陰茎の肥大、精子の減少が起こる可能性がありますが、女性の使用では、月経異常、乳房緊満、乳頭過敏などが起こる場合があります。

 

 

そのため、少しでも普段と違う異状を身体に感じたら、ひとまず使用を中止するようにして、病院に行き、相談するようにしましょう。

 

 

そして、セルノスジェルの注意したい使用方法として、このジェルはステロイド使用の外用薬なので、塗った後はよく手を洗ってクリームを落とすことが肝心ですが、その他にも、塗布した後、乾くまでの間は服を着ないことや、塗ってから6時間以上経たないうちに風呂やシャワー、プールなどに入ることはNGなので、ジェルを塗る時間帯は、起床後に塗るか、風呂やシャワーの後の就寝時などに塗ることが時間的にもおススメとなります。

 

 

また、できるだけ医師のサポートを受けながら使用をするようにして、長期間の使用は控え、連続使用の後は、1ヶ月以上のオフをとるようにすることが望ましい使い方といえます。

 

セルノスジェル