セルノスジェル

筋肉を増加させる男性ホルモン テストステロン

セルノスジェルとは低テストステロン症に対するホルモン補充療法として利用されるホルモン剤です。

 

 

テストステロンを別名で、テストステロンゲルとも言います。

 

 

男性は20代半ばから男性ホルモン(テストテスロン)が減少していくと言われています。

 

 

男性ホルモン分泌が低下すると、気分の沈み(うつ状態)、性欲減退、筋力低下、骨密度の低下、内臓脂肪増加など様々な症状が出てきます。

 

 

テストステロンとは筋肉の増加、体毛の増加、精力増強、性欲増強などいわゆる男性らしさを促し保つ働きがあります。

 

 

テストステロンは睾丸と副腎から分泌される男性ホルモンになります。

 

 

どの男性もこの男性ホルモンは分泌されていて、人によって多い少ないなどの違いがありますが、このホルモンの減少によって困った症状がたくさん出ます。

 

 

男性が年齢を重ねていくと女性と同じようにホルモンの分泌量が変わり、更年期障害のような体調の異変を感じる事も少なくありません。

 

 

最近、話題になる事もありましたが、男性更年期障害はこういったホルモンの分泌の変化、テストステロンの減少も原因ではないかといわれます。

 

 

セルノスジェルは、こういった症状を緩和して元気を取り戻してくれるものです。

 

 

本来は睾丸や副腎から分泌される男性ホルモンですが、それが生成されにくくなったものを飲み薬のように体内に入れ込まなくてもジェルで手軽に体の外部から穏やかに溶け込み、回復させる役割をします。

 

 

安全と言われる量を含んだジェルタイプなので使いやすく安心できます。

 

 

飲み薬と違い急激に効くものではないため、効果は穏やかですが副作用もマイルドなため安全に使っていただけます。

 

 

また、塗り薬のため、胃に強い刺激のあるステロイドの飲み薬とは違い、肝臓に負担がかかりません。

 

 

使用方法は長期的に使用すると深刻な副作用の出る錠剤とは違い同封されている説明に従い体の決まった場所に毎日塗るだけです。

 

 

また、ジェルタイプのため乾きやすく、長時間待たずに着衣出来ます。

 

 

男性で夜の生活に自信が持てなかった方が、まず試してみたいと思われる時はお勧めのお薬となります。

 

 

飲み薬では重篤な副作用などの危険が伴うのに対してセルノスジェルは体の外部から働きかけてくれるため、ステロイドに対しての副作用への心配を持つ男性からも支持される商品です。

 

 

ただ、塗り薬とはいえ長く続けすぎたり、用法を守らないと睾丸の機能が低下してしまうなどのリスクもありますため説明書に従い用法していただく事が大切です。

 

 

他、副作用としてにきびが出たり、性的欲求が増強せず減少したり、脱毛が目立つようになってしまったり、頭痛、不眠になり興奮するなどの症状が出る事が万が一あった場合は迷わず医師の診断を受けてください。

 

 

どの薬も効き目が欲しいと使用量を過ぎれば副作用はおきますのでセルノスジェルに限らず、用法については正しく使用すると良いでしょう。

 

 

使用方法は使用説明書にある場所や医師からの判断によって決めた塗る場所を綺麗にしてから塗ります。

 

 

塗り方はすりこむようにして、薄くのばして塗りこみます。

 

 

塗り終わったら乾くまで(およそ4分ぐらい)待ちます。

 

 

塗布した手はジェルが残らないように綺麗に洗い流してください。

 

 

ジェルを塗布した場所についてはしばらく洗い落とすなどはしないで下さい。

 

 

男性性器に直接塗ることは危険ですのでおやめ下さい。

 

 

なお、男性ホルモンのお薬という事で女性の使用の希望はないと思われますが女性は使用出来ません。

 

 

日本ではまだ製造されておりませんため、現在は輸入品を扱っておりますが国内製でなくても上記の説明のように安全に使っていただける製品です。

 

 

セルノスジェルは男性にとって大変強い見方になる薬です。

 

 

セルノスジェル